薄い本を自家通販する時の発送方法を考える

私が薄い本の自家通販をするにあたって色々調べたことをメモ。

以前はクロネコメール便があったけど廃止に。何てことだ。
代替できるサービスとしてレターパック、スマートレター、クリックポストなどがよくあがりますが、それぞれの特徴についてまとめます。

薄めの本や、小さいグッズを送る方法には何があるのか?

レターパックプラス

公式:https://www.post.japanpost.jp/lpo/letterpack/

  • 料金一律 510円
  • A4サイズ、重量3kg以内の荷物を専用封筒に入れて送る
  • ポスト投函OK(入らない場合は郵便局へ)
  • 対面配達で受領印orサインを貰ってくれる
  • 追跡サービス付き

専用封筒に入れば何でもOKなので、分厚いもの(高さがあるグッズ、アンソロとか)はこれで良いかも。
郵便局だけでなくコンビニでも買える点は強い。但し送る時に大きめのポストじゃないと入らなかったりして結局郵便局に行くことにはなる…。

レターパックライト

公式:https://www.post.japanpost.jp/lpo/letterpack/

  • 料金一律 360円
  • A4サイズ、重量3kg、厚さ3cm以内の荷物を専用封筒に入れて送る
  • ポスト投函OK(入らない場合は郵便局へ)
  • 配達は郵便受けに入れてくれる

後述するクリックポストの方がコスト面では勝るけど、プリンターが無いとかPCが無いとかだったらこっち。郵便局やコンビニで買えて手軽。

スマートレター

公式:http://www.post.japanpost.jp/service/smartletter/index.html

  • 料金一律 180円
  • A5サイズ、重量1kg、厚さ1cm以内の荷物を専用封筒に入れて送る
  • ポスト投函OK
  • 配達は郵便受けに入れてくれる

A5サイズというところがネック。レタパライトと同じく、後述のクリックポストが使えなくて且つA5サイズ以下のものを送るならこれで。

クリックポスト

公式:http://www.post.japanpost.jp/service/clickpost/index.html

  • 料金一律 164円
  • A4サイズ、重量1kg、厚さ3cm以内の荷物を送る
  • ポスト投函OK(入らない場合は郵便局へ)
  • 配達は郵便受けに入れてくれる

Yahoo!ウォレット(クレカor指定銀行の登録必須)を使った決済方法のみで、プリンターが必要だが、外にでることなく伝票を入手できるのでひきこもりに最適。
自宅にある封筒や袋に印刷した伝票を貼り付けるだけで送れる。

結局どれで送ればいいの?

コスト面だけで考えるなら、クリックポスト。
厚みが3cm超えるようならレターパックプラス。

あとは
信書(手紙)も送る場合 → レタパ各種、スマートレター
追跡サービスを付ける場合 → レタパプラス、クリックポスト
のように考える必要はあるけれど、基本はクリックポストかレタパプラスでいいと思う。

他にもポスパケット等もあるけど、上記で挙げたものと比べると同人誌通販的には高かったりサイズ制限でアウトだったりして使わないと思うので割愛します。

ちなみにクロネコヤマトから出た小さい荷物も送れる『宅急便コンパクト』は、小さい専用箱を買って、普通の宅急便より少し安く送れるよってだけで料金は高かった、残念。

 

【補足】
コピー本とかなら折れ曲がらないように厚紙とか入れてあげると優しいかも。
厚紙は100均の画用紙とか売ってるとこらへんにありますよ~