コピー本の作り方(初級)

コピー本の種類」で触れた『コピー本初級』、
「1枚の紙に2pを片面コピーした紙を半分に折ってホッチキスで留めただけの本。」の作り方をまとめる。

コピー本作成の手順

  1. まず作りたい本のサイズの2倍の大きさの紙を用意する。
    (例:B5の本ならB4、A5の本ならA4)
  2. 片面に2ページずつ順番に並べ、印刷していく。
  3. それを真ん中で半分に折り、ホッチキスで留める。

初級と言うだけあって最も簡単な方法で、しかもコンビニのコピー機を使って作ることが出来る。
自宅で印刷する場合はB4が印刷できるコピー機が少ないので、ほとんどの場合仕上がりサイズが最大A5(コピーする時はA4)になると思う。

コンビニコピー機を利用する場合の小ネタ

ミニストップだと5円コピーが出来る。(参考
ほとんどのコンビニが10円コピーなので実質半額。

セブンイレブンだと電子マネーnanacoでの支払いが出来る。(参考
(小さく「※各種サービス料金は電子マネー「nanaco」でもお支払いいただけます。」と書いてある)
小銭をちゃりちゃりしなくていい。

ステープラーについての小ネタ

ところでホッチキスは商品名らしく、一般的な呼称? 正しい呼称? はステープラーらしい。


プラス【ピタヒット】ホッチキスフラットホッチキス
これだと留め具みたいやつがついているので決まった位置でパッチンできる。100均にも置いてある。


(KC)【在庫有】 マックス フラットホッチキス Vaimo11 バイモ 11 HD-11FLK
ページ数がかさむならこれ。普通のステープラーを使うと針が曲がって綴じられない。