pixivやtwitterでの宣伝は売り上げに影響するか

結論から言うとほとんどの場合、する

私個人の意見であるし偏りもあるので一概にそうだと断言することはできないが、ほとんどの場合pixivでの宣伝もtwitterでの宣伝も売り上げに影響するといっても良いはず。これは同人誌でもグッズでも変わりはないように思う。

影響しないのはどういう場合かというと、まず作りたてのアカウントでの宣伝だったり内容が無い告知内容だったりする場合。内容がないよう…
twitterでいえばタグもつけていない、検索ワードも入れていない、フォロワー数ゼロなど。

フォロワー数が少ないから意味がないということもない。
タグ付け、検索ワードを意識した告知であれば多少の宣伝効果は見込めると思う。
例えばコミケなら第何回(C83)の何日目(2日目)か。

その宣伝を見たい人は誰なのか、その人はどうやって探すのかを考えると良いと思う。
例えばオンリーなんかだと自分の欲しい本のCP名、キャラ名で検索したりすると思うので、しっかりイベント名、CP名、キャラ名等の『要素』を入れることで検索に引っかけることができる。
(もちろん、関係ないCP名やキャラ名を入れたりすると信頼されなくなるのでただ何でも入れればいいというわけではない)

『自分が同人誌を買う側』の考えで宣伝を考えると良い。

宣伝はいつするのが効果的か?

よく言われるのは主に3つ。

  • 朝 6時~8時(出勤、通学時間)
  • 昼 12時~13時(昼休み)
  • 夜 20時~22時(リラックスタイム)

いわゆるゴールデンタイムというもの。
人によって誤差があったり、そもそもまったく違う時間だったりすることもあるが、自分にとってのゴールデンタイムを見つけてほしい。

『フォロワーが最も早く、多く反応する時間』を探せば良い。
twitterでいえばFavやRTなどの反応が一番早く多い時間がそれにあたる。

pixivはその点見分けがつきにくいので迷ったら無難に朝上げておけば良いと思う。
1度pixivにUPしてしまって、あとはtwitterで拡散という方法も多い。